Bloomberg New Energy Financeの分析によりますと、2026年頃にはEV(電気自動車)の製造コストはガソリン車のそれを下回る見込みです。

EVが従来型の自動車を置き換えた場合、内燃機関(エンジン)や変速機が不要になります。内燃機関や変速機の製造には高い要素技術が求められ、日本企業が非常に強い分野です。しかしながら、自動車市場の主役がEVに交代しますと、そのような強みを活かすことは難しくなります。