長野県安曇野市に本社を置く、機械装置製造業 株式会社南安精工様は、腕時計の自社ブランドを立ち上げることを発表されました。

南安精工、腕時計の新ブランド 1910年代のモデル

この日経新聞記事に、同社社長の「製造業は商品製造はできても販売はおぼつかない」というコメントが載っています。日本の製造業のレベルは概して高いと思いますが、モノ作りのみに経営資源を集中している会社が多いように思われます。モノは作ることよりも売ることの方がはるかに難しいのです。売上に占める割合が小さくても、自社ブランド品があれば、絶大なる広告効果を発揮します。副次的効果として、人の採用にも有利になります。周囲に存在を知られていない会社は、存在していないようなものです。